FC2ブログ

ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

アヤ・ソフィア

どっかーん

                                     ↑
                                     僕

歴史を感じさせる赤い外壁、重厚な存在感。

壮麗というイメージのブルーモスクとは違い、不思議な重量感を感じるのが
アヤソフィアだ!

他のモスクとは違った印象を受けるのは、アヤソフィアが辿ってきた歴史の所為だ。

~~~~では少々歴史を説明しないといけないようですね~~~~~~~~~~~~~

かつてローマ帝国という世にも有名で巨大な帝国がありました。。

もちろんみなさんの知っての通り首都はイタリアはローマでした。

時の支配者 コンスタンティヌス帝はローマに変わる新しい首都建造を始めました。
コンスタンティノープルいう都ですが、それが現イスタンブールになるわけです。


その後ローマは西と東に分裂(395年)し、コンスタンティノープルは東ローマの首都ととして栄え続けました。
この時にキリスト教大聖堂として、アヤソフィアは建造されました。
この頃から東ローマ帝国はビザンツ帝国と呼ばれるようになります。
しかし、この時のアヤソフィアは焼け落ちてしまったそうです。

現在のアヤソフィアは532年ユスティニアヌス帝によって再建されたもの。
約1500年前の建物ってことになりますね。(すごい!)

この時点までは、アヤソフィアはキリスト教の建築物でした。
しかし、これがイスラムの寺院になるには少し時間を要します。

コンスタンティノープルは
「コンスタンティノープルを制するものは世界を制する」って程の戦略的要地となり
なんども包囲されたり、十字軍の戦場になったり
度重なる戦乱をくぐりぬけてきました。

テオドシウス帝の作った大城壁がイスラム勢力を退けるのに大きな力を持っていました。

が、
1453年オスマン帝国(オスマントルコに)よってコンスタンティノープルは陥落し、
長く続いたビザンツ帝国の時代も幕を閉じます。
しかし、その時の支配者、メフメット1世は驚くべき決断をしたのです。





[アヤ・ソフィア]の続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2006/05/20(土) 00:28:02|
  2. 2006年トルコ イタリア スイスの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード