FC2ブログ

ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

敵か味方か @ワン城

ワン城の広間を使ってバーベキューをしていたらなにやら身なりのキチンとした人がやってきた。
黒いスーツに黒メガネ、ネクタイも締めていた。

どうやら遺跡のテレビ撮影をしているらしく、黒スーツの男はその司会かつ解説者のようだった。
バーベキューの煙がモックモックとするなか黒スーツの紳士は一生懸命説明していた。
文字がたくさん書いてある岩の上に手をおいて、本当にそれっぽく語っていた。


そんな黒い紳士に「一匹どうだい!」と鳥を焼いていたおじさんが焼きたての鳥を差し出した。
怖そうなイメージとは裏腹に黒い紳士は手をタレでベッタベタにしながらうれしそうに食べていた。
一緒にテレビ局のちょっとツンとしたきれいなお姉さんも誘われていたが、鳥をみるなりいらないって言っていた。
なんかプライドっぽい壁を感じた。



そんなこんなでバーベキュー家族と別れて、いよいよワン城を登ることにした。
しばらく歩いていくと、

「あろ~~~、アロ~~~~!!」と上のほうから声が聞こえてくる。

声の方を見ると
遠くから

壊れた城の合間から一生懸命こちらに手を振る若者3人組が。

こっちへ来い!といってるようにしか聞こえない。


これは・・・あやしい!!


と思ったけれど、どうがんばってもこのまま城へ歩いていくと彼らと鉢合わせになることになる。

どうしよう。。。。
と思ったけれど

どうしようもないので

来るに任せよう。

僕らは覚悟を決めて、半分あきらめ気分で彼らと順調に遭遇した。



彼らは10代後半といった感じだった。
顔を見る限り悪い感じはしない。

彼らは案内してあげるよ!!と言った。


僕らと彼らのワン城観光がはじまった。


城は柵とかそういうものはなく、ひたすら放置され続けてきた感じだった。
だから道もあるような、ないような。

崖!

※崖を必死に登る僕らと彼らというか彼ら


こんなとこ登るの?!っていうような崖を岩に張り付いて登った。
日本の剣岳で岩肌を登ったときの三点支持を思い出した。


彼らは本当に親切にしてくれた。
今回ももちろん「アドゥム ヒロシ(本名)」(訳:僕はヒロシだよん)と自己紹介した。

僕がちょっと遅れると彼らは僕の名を呼んだ


「スィロス!!」


・・・・







次回は城からの景色をご紹介!







いつもコメントとクリックありがとうございます。
ブログがあればお返しにすっとんでいきますよ!
   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングに投票!
スポンサーサイト



  1. 2006/09/05(火) 12:59:20|
  2. 2006年トルコ イタリア スイスの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード