ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

山を下る

再会






うーんうーん


ジャンボカラマツの周りを僕はうーんうーん唸りながらをクルクルまわっていた。
僕はどちらかといえば歩きながら考える派だ。


yskは本当に間違った道にいってしまったのだろうか。
やはり転落の可能性もあるのではないだろうか。
もしや何かがあって車に戻っているのかもしれない。


そしてひとつの結論を出した。


もう一度「ジャンボカラマツまで500メートル」の看板まで行き、
そして「ジャンボカラマツ」までふたたび戻り
それでもいなかったのなら山を下ろうと。


道





約40分後、僕は愛着のある柿色キューブの前にいた。


ジャンボカラマツにはyskの姿はなかった。
さらに残念ながら車の中にもyskの姿はない。
携帯は電波は立っているけど、通信は圏外であった。


車の中で考える。
もし、このままyskが見つからないとしたらどうやって応援を呼びに行こう。
携帯はつながらない。車で呼びに行かなくてはいけない。
でもyskが戻ってくるといけないからここから動きたくもない。



時は14時15分。
寝不足で疲れもあった僕は、15時まで少し休息し、また山を登ることにした。
それで見つからなければ決断せねばなるまい。
ちょっと荒れてきた空を見つつ考えた。



坂道



14時55分。
仮眠を終えて、そろそろ準備しようかなと目を開けたそのとき!

森の坂の上から人影が走ってくる。

ズンズンズンズンと走ってくる!


あれは・・・!



yskだーーーー!!





yskが戻ってきた!
向こうも車の中に僕を認めて安心した表情を見せる。


うおおおお!と再会を喜ぶ。
そして真相を聞く。


どうやらyskさん、やはりあの分かれ道を直進してしまったらしい。
写真を撮ってて遅れをとったyskさんは走って追いかけたそうで
「ジャンボカラマツ入口」の赤矢印を見事見逃し、
さらに右の看板には気づくこともなく駆け抜けたそうである

まさにこれである。
不正解!!
※やっちまった!




そしてどこまで行っても追いつけないウナムさんをどこまでも追いかけていったそうな。
それはそうだ。ウナムさんは右の絆のカラマツで待っていたのだから。
相当登ったところで道が道じゃなくなってきたらしくこれは違うと気がついたysk。
これはマズイ!とダッシュで下山したらしい。



・ウナムがそんな待たないわけがない
・「ジャンボカラマツから500メートル」の看板から遠すぎる
・「ジャンボカラマツ入口」から全然カラマツにたどり着けない


普段であれば当たり前に間違いだと判断できることも山の中ではわからなくなる体験だ。


そして離れ離れになったとき、
いままで風で木が揺れる音や動きが心地よかったのが、急に恐ろしげに感じるようになったり
草むらから熊か何か出てくるような気がしてきたり
雲がちょっと増えただけで天気が崩れたらマズイと遭難を考えたり(前日は大雨だった)
山が急に怖くなったことをお互い感じていたようで
「バカ怖かったて」とようやく笑えた。




で、ジャンボカラマツは見たの?とyskに聞くと「見た!」との答え。
そして一枚の写真を見せてくれた。

ジャンボ


おぉ。僕のカメラじゃ無理だった広角な写真。

ようやくジャンボカラマツをふたりで見ることができた。






そしてメゲナイ我々はさらに巨木へ向かうのだった!


もう一本!
  1. 2012/07/27(金) 22:01:35|
  2. 木曽路
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<贄川のトチノキ | ホーム | ジャンボカラマツ>>

コメント

あーよかった! ほっとした♪

>ようやくジャンボカラマツをふたりで見ることができた。

うふふw なんかこの1文がすごくいいね(≧ω≦)
  1. 2012/07/27(金) 23:09:53 |
  2. URL |
  3. Fmi #aIcUnOeo
  4. [ 編集]

あの看板から先は超絶上り坂
もし引き返して間違えてなかったら・・・

AGAIN!!

途中ちゃんと確認しなかった看板の事が頭をよぎるも
そこで引き返す体力、気力、知力、判断力、決断力、勇気、信じる心、余裕etc...

全てがなかった!!!
  1. 2012/07/28(土) 17:08:15 |
  2. URL |
  3. sukesuke #-
  4. [ 編集]

めでたしめでたし!

えっ、もう一本(笑)
  1. 2012/07/28(土) 21:40:18 |
  2. URL |
  3. jomu #-
  4. [ 編集]

よかったよかったw
林の先にオレンジ色のキューブ君見えると、
なんかホッとするね~。
デジでカラマツも一緒に見られたしね♪
森の中にすくっと立ってる姿はやっぱり貫禄あるね。
  1. 2012/07/30(月) 00:59:57 |
  2. URL |
  3. ヒツジ草 #nKD1BgzM
  4. [ 編集]

写真に映る光の具合で、天候の変化や時間の経過を感じます。
二人が無事に再会できて良かったです♪



  1. 2012/07/30(月) 07:00:46 |
  2. URL |
  3. ヨスケ #-
  4. [ 編集]

>Fmiさん
ふふふ。まるでカップルのような表現(笑
でもこのときはほんとほっとしました。
ズンズン山を下るYSKの姿は感動的でした!



>ysk!
うむ。ああいうときの決断力は問われるね。
僕ももうウネウネ考えたからね。
あの山に向かって呼びかけてもなんにも返ってこない寂しさ。
むしろ声が山に吸い込まれてしまう感じ。怖いね。
最終的には困ったときはスタート地点に戻れだった。




>jomuさん
もう一本!
もう一本!
もう一本!

というわけでお付き合いください。



> ヒツジ草さん
分かりますか一枚目の安堵感が。
でもこの写真を撮っているときはあの近くにyskがまっていないか期待もしていたのです。
いないだろうなとも思っていたのです。
広場の中心でスーンと一本立ってるジャンボカラマツさんはステキでした。
散歩にとてもよい距離でしたね。(間違わなければ)



>ヨスケさん
離れ離れになれなければ、きっとすごく気持ちよいお散歩だったのでしょうけど
思い出に残るものになりました。
雲ってきたときは天気が荒れるかとすごく不安に駆られました。
  1. 2012/07/30(月) 21:06:15 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unam0109.blog51.fc2.com/tb.php/1528-a062cf89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。