ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マルディンの輪郭

遊牧民と出会い
強面さんに送ってもらい戻ってきたマルディン市街。


そこで僕らはついにみた。
「地球の歩き方」に載っていたあの景色を。

夕焼けをバックに山に張り付くように広がる町並みが夜の光を発する景色。

少し時間が早くて、まだ町に光はともっていなかったが、
景色を撮った場所はこのあたりだろうという場所を見つけることができた。

マルディーーーン!!!

※落日とマルディン





本当はもう少し遅くまで粘ればまさにその写真が撮ることができたのだろうけれど
僕は、早々とこの町を立ち去ることを決めた。
実は僕らは会うべき人々がいた。
その人と会う時間を確保するために、少し旅を急ぎ足にしないといけなかった。

次の目的地は「シャンル・ウルファ」
まさにシリアとの国境に近い街だ。

バスオフィスで時間を聞いたら、まだ乗れる便があったので、
僕らは宿に預けていたバックパックを取りに戻った。
最初の夜にバスで色々この街を迷子になったので仕組みや
シェヒリチなど重要な単語を理解し始めていたので
間違えることなくバスに乗ることが出来、見事にバスオフィスまで荷物を担いで戻ってくることが出来た。
我ながら、「慣れてきている」と感じた。


それから兄に会話集を渡して、僕はひとりで写真を撮りに出かけた。
そう、あの景色を追い求めて。
しかしバスの出発時間までわずかしかない。
僕は走って景色を求めた。


クルド人が多いマルディンの中を走り回る東洋人を人々は興味深げに見ていた。
ちょっと恥ずかしかったが僕は足を緩めず走った。
どんどん人々が声をかけてきて、一度話すと長話になってしまうのはわかっていたので
僕は軽く言葉を交わしてうまく逃げた。
子供が、大人が「ジャポン ジャポン」と遠くから呼ぶのを背中に受けるのが
マルディンの最後の印象として残った。


この景色

※マルディンな景色


日が沈むとぐっと寒くなる。
マルディンの空気を吸いながらシャッターを切る。
山の後ろに沈んだ太陽が山の輪郭を際立たせた。



さらばマルディン

※ありがとうマルディン


オフィスに戻るとリョム(兄)が一人でトルコ人と会話集で会話していた。
そういえば交渉とか会話となると僕がほとんどやっていたので
リョムが一人でやっているのを見るのはちょっと新鮮だった。
会話集なしでも、街をふらつけるかな?と思えるようなった僕も
ちょっとだけ自信を持ち始めたのかもしれない。

バスの窓からマルディンの独特の白く山に張り付く景色を見ながら
僕らはこの人懐っこい街と分かれることになった。
さようならマルディン。
ありがとうマルディン。


今でも深さを増した空の色や少し寒い空気を感じると
マルディンでの興奮や気持ちがよみがえってくるのだった。




  1. 2007/02/05(月) 12:49:59|
  2. 2006年トルコ イタリア スイスの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:23
<<聖なる魚の池公園をめざして | ホーム | ザファラン修道院とkowamoteさん @マルディン>>

コメント

3枚とも写真が切れてるe-263
空がなんとか見える感じですww
 プロフィールの絵も消えた( ̄¬ ̄*)

いろいろ試してみたけど。。。ダメだったので、、
また後で再挑戦しますe-399
  1. 2007/02/05(月) 12:58:21 |
  2. URL |
  3. 蓮・華 #-
  4. [ 編集]

太陽さんありがとう。
また明日、よろしくね。
  1. 2007/02/05(月) 19:00:46 |
  2. URL |
  3. サムライ #-
  4. [ 編集]

深い青、浮び上がる山の輪郭・・・・
とっても神々しい風景ですねぇ♪

それにしても・・・・

太陽と競争して~!!
カメラを持って走る、走るってのが良い感じです。

心躍る瞬間ですね
  1. 2007/02/05(月) 19:15:47 |
  2. URL |
  3. タコヤン #-
  4. [ 編集]

火の灯るマルディンな景色は見れなかったけど、
落日に際立つマルディンな景色は、
いろんな人との出会いと一緒に鮮明に記憶されているようですね。
いい旅だなあ、と改めて思いました。
  1. 2007/02/05(月) 20:52:58 |
  2. URL |
  3. K #6SlKZDlg
  4. [ 編集]

しかし密度の濃い旅だよね。

で、一般人があまり行かない(行けない)
街に随分と行ったんですね~

このブログ見るたびにトルコのガイド見ては
行きてぇ~ってなってますw
  1. 2007/02/05(月) 22:57:08 |
  2. URL |
  3. れお #-
  4. [ 編集]

いい写真を撮るために走る!
自分はウナムさんのような素敵な写真にはまだまだですが
ちょっと共感してしまいました♪

それにしてもトルコの人って
すんごい人懐っこいですね。
それを引き出しているウナムさんリョムさんもすごいです。

  1. 2007/02/05(月) 23:40:50 |
  2. URL |
  3. そのっち #-
  4. [ 編集]

マルディン・・・その言葉に惹かれますw
次はウルファ!?待ってましたーーー♪♪♪
  1. 2007/02/06(火) 12:16:08 |
  2. URL |
  3. ちちぇっき #-
  4. [ 編集]

ウナムさん
落日とマルディン
素晴らしいですね
とてもタイミングが良くて。
  1. 2007/02/06(火) 19:45:42 |
  2. URL |
  3. ryuji_s1 #.FTrCIao
  4. [ 編集]

いつもウナムさんの写真を見るとすがすがしい気分になります。あたしも海外旅行は年一回くらいで行きたいなって思ってます。

海外にでると小さいこと気にしないで大きい自分になろうって思いますよね。

ステキだな~~~(@>Ц<@)
  1. 2007/02/06(火) 20:24:34 |
  2. URL |
  3. みか #-
  4. [ 編集]

(*ゝω・)ノ♥

写真がww見れたよe-266
 やっぱり、写真と一緒に読まなきゃね~♪

思えば、マルディンは。。。2日間の滞在??かな?
 記事読んでると。。。何日もいるような錯覚があるww
 それだけ密度が濃いってことだねe-284
最後の夜が迫ってくる様な写真e-343
 達成感というか、満足感いっぱいな感じがします。
  1. 2007/02/07(水) 08:28:06 |
  2. URL |
  3. 蓮・華 #-
  4. [ 編集]

読みながらもバスの時間に間に合わなかったらどうしよう
なんて思ってしまいましたw

あと、ごめんなさい。
素人考えで申し訳ないのですが、
逆光を撮る時に目は大丈夫なのでしょうか?
  1. 2007/02/07(水) 10:49:14 |
  2. URL |
  3. 組長 #-
  4. [ 編集]

>サムライさん
母なる太陽!
さようなら太陽!
ありがとう太陽!

>タコヤンさん
太陽との競争でしたね。
バスの時間と太陽の時間に追われながら走るのは結構興奮しました。
カメラぶらさげて走る東洋人は奇妙に写ったことでしょう。
あれが撮りたいという気持ちが体をうごかしますね


>K さん
まだ夕焼けには早い時間でしたから、お目当ての景色ではなかったですけど
それでもマルディンならではの景色が撮れたと満足しております。
このときの気持ちは今に繋がってますね。
出会いに幸あれです。


>れお さん
あんまりキケンは感じていなかったのですけど
あとで調べたらこの辺も外務省のキケンの部類に一応分類されているんですよね。
あの劇的な出会いの連続のワンなんてもっとキケンだったらしいです。
まぁ東は危ないという噂はきいていたので引き締めていはいましたけどね。
パンフの写真のしょぼさには、う~ん・・と思ってしまいます。
行くと全然イメージが違いますからね。
でもその違いも面白かったりするんですけどね(笑


>そのっちさん
そのっちさんの動画も素敵でしたよ。
やっぱり撮りたい!と思ったものを追いかけることによって
写真自体も変わってきますけど、その写真にまつわるエピソードというか
奥行きみたいなものが加わるような気がします。
一枚一枚大事にしていきたいです
トルコ人の人懐っこさは、、僕らというか、
多分誰が行っても大丈夫のような気も。
あ、でもアメリカ人だけはだめかも。。。。(笑
  1. 2007/02/07(水) 13:08:25 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

>ちちぇっきさん
ようやくウルファ登場です。
ウルファ!
ウルファ!
ケバブ!
ケバブ!♪
お待ちあれ


>ryuji_s1 さん
この落日は写真でみてもまぶしさを感じる写真で
なんだか不思議な感じです。
マルディンに落ちる太陽が拝めて幸せです


>みかさん
そうですね、年一回いけたらいいですよね。
僕もいきたいなぁ~。
いきたいな~~~。
なかなか時間とれないですが。。
外国へいくと自分をしっかりさせないと、埋もれていってしまったり
何も出来ずに終わってしまうので、
勇気とともに行動力や読解力が試されますね。



> 蓮・華さん
一応写真ブログなのでね。
やっぱり写真と文章が補完しあうというか
写真抜きでは成立できないようにしようと考えてます。
この3枚は本当思い入れのあるものになりました。
そうそう、この街は1泊だけでした。
細かく書いてるので長くなっちゃいますね
いよいよ次の展開へいきます。
ご愛読よろしく



>組長さん
今回はバスの時間についてはあんまりスリリングに書いたつもりはなかったのですけど
実際は結構スリリングだったので伝わってよかったです。
逆行の写真を撮るときは、かなり渋い顔になってます。
眉間にしわ寄せて、目を細くして撮ってます。
そう、まるでスティーブン・セガールのように。。。
  1. 2007/02/07(水) 13:20:34 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム2 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

日本人が走っているだけで「ジャポン、ジャポン」と声が掛かるのですか。
なんか簡単には想像できない状況なんですが(笑)、
ホントに人懐っこい街なんですねぇ~。
人間らしさが濃い~人々で溢れているんだろうな。
僕も行きたくなっちゃいましたよ♪
  1. 2007/02/07(水) 14:13:02 |
  2. URL |
  3. ダポン #-
  4. [ 編集]

ウナムさん
ウナムさんのブログもとても格好いいです、
旅行記は記事と写真が命です、ステキですね
マグロとアボガドとても良く合います
  1. 2007/02/07(水) 15:07:16 |
  2. URL |
  3. ryuji_s1 #.FTrCIao
  4. [ 編集]

十返舎一九の東海道中膝栗毛何するものぞ!

『汗だくで歩いてサフラン修道院へ、
時間外の案内に感謝しながら、
強面のお兄さんにマルディンまで同乗させてもらう。』

いやはや、何とも素晴らしい、
とても中身の濃い「ウナムさん一行の道中記」です。

私は思わず、叫んでしまいます。
“十返舎一九の東海道中膝栗毛何するものぞ!UNAM’s blogここにあり!”
ってね。

次回は、
シリアとの国境に近い街「シャンル・ウルファ」なのですね。
果たしてどのような展開になるのでしょう。
  1. 2007/02/07(水) 22:19:11 |
  2. URL |
  3. Grayman2006 #s2PTBPs6
  4. [ 編集]

こんばんは
マルディンがどの辺りにあるのかも良く知らない
無知な私ですが空の青さや夕焼けのコロナが
とても素敵だと言う事は良く解ります。
素晴らしい写真を見るだけで得した気分になりました。
ありがとうございます。
  1. 2007/02/07(水) 22:57:38 |
  2. URL |
  3. みぽはは #YmjtW3u.
  4. [ 編集]

陽が沈むと急に冷たくなる・・・まさに,それを証明するかのような透き通った空ですね。
同じ地球のドコかに,こんな空が存在するなんて・・・そんな不思議な気持ちと,地球環境を大切にしたいと思う気持ちがこみ上げてきました。
  1. 2007/02/08(木) 00:08:50 |
  2. URL |
  3. 那珂川流域 #X.Av9vec
  4. [ 編集]

> ダポンさん
かなり声をかけられますよ。
たまに中国人や韓国人に勘違いされますけど
イスタンブールはとにかく客引きのジャポーンって声が多いですけど
田舎は親しみのジャポンが聞けますよ


>ryuji_s1さん
アボガドは最近食べてないですねぇ~
かっこいいブログをちょっとだけ目指したながら
がんばります!


>Grayman2006さん
シャンル・ウルファ編、昨夜upしました。
それにしてもテンションの高いコメントありがとうございます。
十返舎一九と比較されちゃうとは・・・いやはや恐縮です。
でもウナム`s ブログ ここにあり!です(笑
結構充実した内容だと自分でも思ってます。


>みほははさん
マルディンはですね、トルコの東の方の南の方ですよ。
シリアとの国境に近い街です。
イラクはそのお隣です。
そういえば少し分かってもらえるかな。
景色は気持ちがよかったです。
人も気持ちよかったです。
だから記憶に残ってます


>那珂川流域 さん
空の透明度というか青さというか
本当に綺麗だったです。
とはいってもそのときはそこまでは気づいていなかったんですけどね
帰ってきて写真みてビックリでした。
この空と日本の空も繋がっていると思うと不思議ですね
  1. 2007/02/08(木) 09:13:24 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム3 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

濃い時間

バスの時間まで結構時間があったから、近くの売店で水を補充したなぁ。
このバスオフィスでは、けっこう話したな~!
楽しかった!
ビデオをバンドエイドで補強したのもこのオフィス。
  1. 2007/02/08(木) 12:33:48 |
  2. URL |
  3. リョム #-
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2007/02/08(木) 20:20:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

マルディン&落日、素敵ですな。
でもうっかりすると「ジャポン」で引っかかる訳ですね。
旅って面白い!
  1. 2007/02/09(金) 01:12:42 |
  2. URL |
  3. 龍 #4WkXu/U2
  4. [ 編集]

>リョム兄貴!
そういえばバンソコで補強してあったね。
まさか怪我ではなくてビデオにバンソコを張ることになるとは!!
バンソコは大事だ!!



>鍵コメさん
いままでありがとうございました。
いつかまた再開されるのを心待ちにしてますよ。
そして再び再会しましょう。
その日までしばしのお別れですね。
また遊びにきてください


>龍さん
そうなんです。
イスタンブールなどでちょっとしたジャポンのつぶやきに反応してしまうと・・・
客引きの相手をしないといけなくて大変なことに!
  1. 2007/02/09(金) 21:49:00 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム4 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unam0109.blog51.fc2.com/tb.php/217-6beb74dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。