ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

聖なる魚の池

聖なる魚の池公園にたどり着いた僕ら。
びっくりするほど整備が行き届いている公園を歩いていくと・・・
林のような、木が茂った一帯があった。

いきなり僕らを案内してあげるという学生くんが現れたので付き合い程度についていくことに。
彼が連れて行った先に池があった。
それが聖なる魚の池だった!

彼のガイドのおかげが、結局目の前だったのか、あっさり行き着いてしまった!
聖なる魚の池

※聖なる魚の池の魚にえさをあげる人々…と本に一生懸命の異教徒リョム(兄)


ここシャンルウルファは預言者アブラハム(イブラヒム)、ヨブ、エリアが住んでいたといわれる
まさに旧約聖書の中の街だ。
伝説の地!!伝説の中に生きる街ウルファ!
興奮が高まる。

しかもアブラハムが生まれた場所とされている。

言い伝えによれば、この地域の王であったニムルットに、預言者アブラハムは火刑に処されたが、
火の中から奇跡的に水が出てきて、アブラハムは助かったという。
そして、水は池となり、薪は中で泳ぐ魚となったとか。。。
それが聖なる魚の池ということらしい。


またその隣にアインゼリハという池があるのだが
アブラハムを追ってニムルット(ネムルート?)の娘ゼリハが火の中に飛び込んだところ
神が火刑の火を水に、薪を魚にかえた・・・
というエピソードがあるそうだ。


そして学生くんの説明によると
この中にいる魚の一匹がアブラハムだとか・・・・
しかも「ゴールドフィッシュ」とか言っていた気がする。
本当か??(笑


簡単にいえば
アブラハムの池が「聖なる魚の池」で
ゼリハの池が「アインゼリハ池」ということみたいだ。
ついでにアブラハムは今もゴールドフィシュで泳いでいると…

お魚スイスイ♪

※アインゼリハ池

ちなみにアインゼリハ池ではボートに乗ることができるみたいだった。
火できた水に薪でできた魚が泳ぐアインゼリハ池。
ロマンチックだ。
ぜひカップルで訪れた方は乗ってみてください。
僕らは、、、、乗りませんでした。男同士故に!兄弟故に!




続く!!
  1. 2007/02/10(土) 21:10:20|
  2. 2006年トルコ イタリア スイスの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20
<<ウルファとケマルと遠近法とおめでとう | ホーム | ウナムが(BlogPet)>>

コメント

☆:;*(人´∀`)

魚にエサあげたい♪
 柵もないし。。すごそこに魚が~~e-365

いいなぁ~~水族館行きたくなった~~☆

男同士のボート・・・一緒のベッドで寝るほどの違和感アリだもんねww
で、ゴールドフィシュe-267はいましたか??
  1. 2007/02/10(土) 21:47:01 |
  2. URL |
  3. 蓮・華 #-
  4. [ 編集]

素晴らしい帰着!

奇跡の場所、聖なる場所に
水が関係することが多いのは何故なのでしょう。

聖なる魚の池は、今も
人々の魂のオアシスになっているのですね。

素晴らしい盛り上がりに
素晴らしい帰着、
“ウナムのまなざし”は、素晴らしい旅行記です。
  1. 2007/02/10(土) 22:32:36 |
  2. URL |
  3. Grayman2006 #s2PTBPs6
  4. [ 編集]

兄弟船を見たかった!!
  1. 2007/02/10(土) 22:51:20 |
  2. URL |
  3. toitoy #-
  4. [ 編集]

2枚目の写真とってもきれいです!!
2枚目だけに二枚目な写真ですな☆笑
どうしよう。伝わるかしら・・・・
水面がキラキラ綺麗ですよ♪
明かりが差し込んでお魚が
泳いでるのが見えて素敵です。
ゴールドフィッシュ見たいなぁと思いました☆
  1. 2007/02/10(土) 23:32:41 |
  2. URL |
  3. 沙耶花 #-
  4. [ 編集]

聖なる水、じゃなくて魚が聖なるものなのですね。
ちょっと間違えそうになりました。でも由来を聞いて納得!
地味目なお魚さんたちですが、よく探せば「金の魚」が見つかるかもしれないのかな。
旧約聖書の時代が残る街。貴重な場所に足跡を残されたんですね。
  1. 2007/02/10(土) 23:51:50 |
  2. URL |
  3. weavee #3un.pJ2M
  4. [ 編集]

相変わらずお美しい写真ですね ^^
何も知らなかったらただの池(?)だけれど
現地のお方、歴史と触れて濃い素敵旅だっ♪

それにしても・・・
お魚いっぱい!!
  1. 2007/02/11(日) 08:48:28 |
  2. URL |
  3. みえっち #-
  4. [ 編集]

アインゼリハ池、すごい水がきれいですね!
魚もしっかり見えるし~。
せっかくだからボート乗ればよかったのに。。。
海外だからまわりに知ってる人もいないし、男同士でも大丈夫だよ。(笑)
  1. 2007/02/11(日) 11:33:17 |
  2. URL |
  3. ちづ #-
  4. [ 編集]

聖なる魚の池、伝説がおもしろいわ。
こういう伝説がどのように生まれ、語り継がれる・・・
デジタルな時代に、神秘に惹かれるね。
ウナム君の興奮が伝わります。

私も魚にえさをあげたい。


  1. 2007/02/11(日) 11:48:08 |
  2. URL |
  3. ma #halAVcVc
  4. [ 編集]

ウナムさんの撮る普段の写真もすきなんですが、
旅写真の方も見ていてワクワクしてきてすきなんですよねぇ^^
なんだか行ったような気になるというか^^楽しくなってきちゃう
  1. 2007/02/11(日) 16:12:59 |
  2. URL |
  3. enzz3121 #-
  4. [ 編集]

ウルファ!ウルファ!ウルファ!ウルファァァァァーー!!
思い出深い所です。行ったな~池・・・ちょっと魚臭かった(笑)
  1. 2007/02/11(日) 17:19:34 |
  2. URL |
  3. ちちぇっき #-
  4. [ 編集]

お魚がなんだかみんなちっちゃなサメに見える!
(´Д`υ)


でも、伝説の人の化身がいるんですねv-353
人面魚だったりするのかなぁ…。v-229

  1. 2007/02/11(日) 19:13:58 |
  2. URL |
  3. めぐ♪ #-
  4. [ 編集]

僕も少し怖そうな魚影に見えました^^;
リョムさんは何を真剣に読んでたんでしょうか。
明らかに周りの雰囲気から浮いてますよね。
全く愛すべきキャラクターです、兄弟揃って^^
  1. 2007/02/11(日) 22:24:20 |
  2. URL |
  3. K #6SlKZDlg
  4. [ 編集]

美しい景色ですね
聖なる魚・・ 古くからそう親しまれていたんでしょうね
なんだか日本ではなじみのない表現ですね ^^
  1. 2007/02/12(月) 11:59:34 |
  2. URL |
  3. rodol #aIcUnOeo
  4. [ 編集]

ウナムさん
アインゼリハ池
アブラハムの生まれ故郷
凄い歴史が横たわっていますね、
トルコは一時期世界の富の3/2を保有していたとされています。
  1. 2007/02/12(月) 13:34:52 |
  2. URL |
  3. ryuji_s1 #.FTrCIao
  4. [ 編集]

蓮・華 さん
魚はえさをもりもり食べてとってもふっくらしてました。
でも食べてはいけないのです。
なぜなら聖なる魚だから!!!
兄弟で船には・・・乗りません!
ベッドだけで結構です。。。
ゴールドフィッシュは・・いませんでした!!


> Grayman2006さん
水というのは、やはりこのあたりに住む人々にとって大切なものだったんでしょうね。
とにかく暑いですからね。
ここはやはり聖地のひとつのようで
隣国とかからも人が来てました。
国を超えてというか、国が出来る前からある場所ってすごいですよね。
逆にずっとひとつの国である日本もすごいですけどね。



>toitoyさん
兄弟船・・・・!
うまい!!
座布団一枚!


>沙耶花 さん
2枚目だけに二枚目・・・(笑
しっかりニュアンスキャッチさせていただきました!
そうなんです。2枚目は水の表現が自分でも気に入っているんです。
まさかこんなに美しく取れるとは
中と水面とふたつ楽しめる素敵写真になりました
ゴールドフィッシュは分かりませんでした・・・


>weavee さん
そうなんです。
聖なる池じゃなくて、聖なる魚の池なんですね~
ちょっと紛らわしいけれど、説明的な名前がなんともグッドな公園です。
金の魚はちゃんと探したほうがよかったかもしれませんね。
でも日本に戻ってきて金の魚について調べましたがどこにも載ってないのです。
嘘っぱちか、僕の聞き間違えだったのか・・・


>みえっち さん
そうなんです。
なにも知らなければちょっとにおう、魚の多い
四角い池なんです。
が、聖なる魚の池なんですよね~
うつくしいったらありゃしない。


>ちづさん
やっぱり乗っておけばよかったですかね。
次回は乗ります。
次回は・・・いつ?!
水の表面と中身を同時に写せた良い写真になりました!!
  1. 2007/02/12(月) 15:35:49 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム1 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

さすがに私でも・・・

 聖なる魚は・・・食べませんe-274

シマちゃんがゴールドフィッシュになって泳いでくれるらしぃですよww
  1. 2007/02/12(月) 15:57:48 |
  2. URL |
  3. 蓮・華 #-
  4. [ 編集]

>maさん
ず~と昔の話、紀元前の話ですけど
それが聖書として受け継がれ
そして現実にいまでも行為として人々がここへ
やってくること
これってすごいことですよね。
デジタルの時代だからこそ大事にしたい部分です。
・・・・ドットドット(笑


>えんぞさん
全体の割合からいくと旅写真の方が多いですからね。
どうやら僕はまだ日常の写真をそこまで積極的に撮る人ではないようです
しかし、今年はちょっと変わっていこうかなと・・・・


>ちちぇっき さん
ついにはじまりましたよ~~~~~
ウルファウルファウルファ~~~~♪
楽しんでもらえるとうれしいです。
聖なる魚のちょっとくさい池公園でしたね(笑


>めぐ♪さん
アブラハム様がさめのようなお魚さんになって泳いでいるはずなんですけども
む~分かりませんでした
確かにさめっぽいですよね。
水のなかでゆらゆらしてました


>Kさん
リョムはですねぇ。
たぶん地球の歩き方のシャンルウルファのページを読んでいたのだと思います。
僕はここの知識はほとんどゼロでいきましたからね。
リョムがずーと本を読んで案内してくれました。
あれは勉強中ですね(笑


>rodol さん
日本じゃ確かになじみないですよね。
日本だったら、大きな梵鐘がある寺院とか
そんな具合になるのでしょうか(w
名前に困ったらそうやってつけてみようかな。


>ryuji_s1さん
世界の3分の2ですか!
すごいですね。
オスマントルコ時代はすごかったみたいですからね。
トルコは歴史が深い土地です。
勉強するにはいいとこだと思いますね。
  1. 2007/02/12(月) 16:03:45 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム2 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

>蓮・華さん
シマが僕を無念を晴らすために泳いでくれるのか!

ネコなのに!!

けなげよのぅ
  1. 2007/02/12(月) 16:23:46 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム3 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

聖なる魚の池は、
非常に神秘的なお話が残る池だったんですね。
「火が水になり、薪が魚になる」
と聞いて、RPGゲームの世界を想像してしまった私が
情けないですw

toitoyさんに便乗して申し訳ないのですが、
ゼリハ池で兄弟船にのれなかった事に
後悔はなかったのでしょうかw?
  1. 2007/02/12(月) 16:48:42 |
  2. URL |
  3. 組長 #-
  4. [ 編集]

>組長さん
確かにRPGっぽい設定ですよね。
ファンタジーというかそんな感じがします。
旧約の世界ですから、ファンタジーの源流なのかもしれませんね。
ゼリハ池で兄弟舟にならなかったのは・・・
後悔・・・してません!!(笑
  1. 2007/02/13(火) 12:41:29 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム4 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unam0109.blog51.fc2.com/tb.php/220-86e770aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。