ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

シャンルウルファ城

暑い。
とにかく暑い。

2時前には登るなと言われたシャンルウルファ城は
まずそこにたどり着くまでが大変だった。



いざ城へ!!

※シャンルウルファ城とリョム(兄)





暑い、、暑い。。。
といいながら城を目指す僕ら。
いままで案内してくれた学生君は午後から学校があるということで
去っていってしまった。
パラ(お金)も要求されなくて本当にいい人だった。
もう少し存在感あるように書いてあげればよかった(笑


学生君の案内を失った僕らは目の前にそびえる岩城の入り口を探し始めた。
すると一本、坂になった道を見つけた。

うん、これだ。

僕らは坂道を登りだした。
売店もあるしいい感じだ。
しかし、、、途中から大きく坂道はカーブを描き
目的の岩山から方角がはずれていき・・・
石畳で舗装されていた道はくずれ
ゴミが散らかるようになり・・・


僕らは道を間違えたことをようやく悟った。
同じ道を戻る。
同じ売店の前を通るとき、なんとなく店員の視線が痛い。
こいつら間違えたな的な視線に感じるからだ。
そして太陽は強烈に燃えている・・・



スタート地点までもどってきた僕らは、今登ったのが岩城の左の方だとしたら
その正反対の右側にもう一本の道をみつけた。

こ、これだ!


汗をぬぐいながら道を登る。
まだ5月1日だというのにこの暑さなら、夏にはどんなことになってしまうのだろう。
想像だにできない!
いや想像したくない。


ある程度登ったところで、料金を払い、僕らは頂上へたどり着いた!

上は、、、フライパンのように暑かった。
リョムは思わず水を飲んだ!僕はそれを撮った!
落ちたら死んじゃうよ~

※ウルファと命の水とそれを飲むリョム



にしても暑い。
暑い~~~って顔をしていると、塔の日陰で休憩していたトルコ人カップルが
こっちにこいみたいなしぐさをした。
どうやら一緒にここで休めということらしい。
そして両手一杯にひまわりの種をどっさりいただいた。


そう、トルコの人々はひまわりの種が大好き。
塩で味のついているひまわりを歯でガリっと割り、中のわずかな実を食べるのだ。
またそれがうまい!
味ではなくて、割るのがうまいのだ。(味は塩味)
歯でクっとねじる感じで殻を開けて、気づけば中の実をくわえている。
そしてポイ、ポイと次々と殻を割っては捨て、殻を割っては捨てを繰り返すのだ。
安くて多くて味もある、トルコ人の究極の暇つぶしだろう。
「だ~い好きなのは~ヒ~マワリの種~~♪」
の主題歌で有名な「とっとこハム太郎」もびっくりなひまわりの種好きな人々なのだ。

にょっき

※柱

この城はヒッタイト人が建てたといわれている。
ヒッタイト王国というのは紀元前18世紀~紀元前12世紀ぐらいまで
トルコ(小アジア)あたりで活躍した民族である。
トルコで有名な遺跡でボアズカレ(ハットシャッシュ)というところに
広大な遺跡を残しているが
この民族は初めて鉄製武器を持ったことで知られている。
他の国はまだ青銅というものを使っていた時代に
鉄製の武器を独占で使用したヒッタイトは勢力を拡大した。
「目には目を歯には歯を」の同害復讐法ことハンムラビ法典で有名な古バビロニアを征服し
新王国時代のエジプトともカデシュの戦いで激突している。

高校の世界史ではヒッタイトは
「ボガズキョイ」「カデシュの戦い」「鉄製の武器」「古バビロニアを征服」で完璧

ちなみに新王国時代のエジプトとはアメンホテプ4世(イクナートン)で有名である。
彼はアトン信仰という史上初めて一神教を強制した。
これに反発し、太陽神ラーを中心とする多神教へ戻そうとしたのが
かの有名なツタンカーメンである。
しかし、その目論見は失敗し、ツタンカーメンは闇に葬られた。
歴史上から消されたと言ってもいいかもしれない。
そのおかげで名を知られなかったツタンカーメンは盗掘を逃れ現代に復活を遂げることになるのだ。



話がそれまくりました。。。


とにかくシャンルウルファ城は暑かった。
しかし、景色も美しかった。

どうぞごらんアレ。
ウルファの街並みよ~~~

※柱の間からウルファの街を望む


この2本の柱は17.25mあるそうで、城に残る柱は全部で25本ということだ。


帰りは、もうひとつの入り口である
岩の中の螺旋階段で下った。
涼しかったが、かなり急で、こちらもこちらで登りはしんどかっただろうなぁと思った。

が、ほとんど降りた地点でリョムがいないことに気づき、上まで戻ったので
結局しんどかったのであった。





続く!
  1. 2007/02/22(木) 00:44:32|
  2. 2006年トルコ イタリア スイスの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<きのうはblogしたいなぁ(BlogPet) | ホーム | モスクと迷いと遠慮と>>

コメント

こんばんは。
もしかして初の一番乗りでしょうか?

リョムさんのおいしそうな飲みっぷりを見ると相当暑かったんでしょうね。
それにしても町並みが小さく見えて壮観ですね。
  1. 2007/02/21(水) 22:56:15 |
  2. URL |
  3. kunikuni #-
  4. [ 編集]

これは・・登るの大変そうだ~e-330
 結構、急な階段だね・・

ハム太郎ww何かと思ってクリックしちゃったよ~♪ 昔は毎週見てた(´艸 `*)
ソノ後は歴史の勉強~・・・高校の世界史、何やったかまったく・・覚えてないデス私はww

 ウルファは・・・白くて緑が濃いねe-343
昔の人も最後の写真のように・・ウルファの街を見下ろしてたのかなぁ~e-267
 ココは登ってみたい!!
  1. 2007/02/21(水) 23:00:04 |
  2. URL |
  3. 蓮・華 #-
  4. [ 編集]

良い景色だぁ!
確かに暑そう・・・・。

ここが日本だったら柵やら手すりとか作りそうだな。
  1. 2007/02/22(木) 00:08:55 |
  2. URL |
  3. 龍 #4WkXu/U2
  4. [ 編集]

いやはや、勉強になりますな~ウナム先生!
それにしても、暑かった…おまけに俺はノーパンだったしな!
  1. 2007/02/22(木) 02:26:33 |
  2. URL |
  3. リョム #-
  4. [ 編集]

やっぱり歴史の古い国は魅力的ですね。
ウナム先生の講義は役にたちます。ツタンカーメンは一神教と多神教の戦い敗れたとは知りませんでした。昔ツタンカーメンの本を読んだのだけど、「実際に美男子だったようだ」とか、そんなことしか覚えていません。(笑)

下に下りてからリョムさんがいないと気づくのは、声をかけないで下りちゃうから?うちの主人はそういう人で、かつ、戻ってきてもくれないのですよ!移動するときは一声かけましょう。

  1. 2007/02/22(木) 07:54:54 |
  2. URL |
  3. milesta #S4B2tY/g
  4. [ 編集]

アルファの街並み、ほんっとにキレイでステキですね~v
確かに暑そうですが。。。(^^;)

高校で世界史はちょっとしかやらなかったのですが・・・。
ヒッタイトは覚えてました!!アメンホテプ4世も。
勉強になります♪
  1. 2007/02/22(木) 10:21:31 |
  2. URL |
  3. nono #-
  4. [ 編集]

リョム氏の写真が日を増す毎に
小さくなっているような気がするのは私だけでしょうかw
しかもノーパンだったとはw

強い地盤のように見えないのですが
17m強の柱がよく倒れずに残っているなぁと感心してしまいました。
地震とか少ない地域なんでしょうか?
  1. 2007/02/22(木) 10:52:43 |
  2. URL |
  3. 組長 #-
  4. [ 編集]

めちゃんこイィ景色ですねi-237
登る自信がナイんですが…登ってみたいe-267

ハムスターゎ苦手…てか、嫌いですが、ハム太郎ゎ好きですe-415
  1. 2007/02/22(木) 14:56:25 |
  2. URL |
  3. ai #-
  4. [ 編集]

すごぉ~~いい!!
めっちゃ景色いいv-10
いいなぁ~
あんな景色を見ると、日本って小さいなって思っちゃいそう
  1. 2007/02/22(木) 21:45:44 |
  2. URL |
  3. やま #-
  4. [ 編集]

リョムくん、暑いからって(笑)ノーパンでちょっとは涼しかった?

世界史を習わなかったので分からないけれど、ヒッタイトは「天は赤い河の・・・」というマンガででてきたので聞き覚えがあるわ。マンガって意外と勉強になるのだよね。ちなみに今日もマン喫へ。えへ。

ウルファの街並みきれいだね♪遠くのほうまで街の建物で真っ白!がんばって登ったカイがあったね。お疲れ(^ー^)
  1. 2007/02/23(金) 00:30:57 |
  2. URL |
  3. あい #-
  4. [ 編集]

結構な高台まで登ったのですね
疲れますね
でも素晴らしい眺めで疲れがふっとんだのでは
  1. 2007/02/23(金) 18:20:46 |
  2. URL |
  3. ryuji_s1 #.FTrCIao
  4. [ 編集]

>kunikuniさん
一番乗りおめでとうございます!!
これは今夜は祝杯です(笑
お気に入りの陶器でお茶でも飲みましょう♪
ここは本当に暑かったです5月あたまでこれですから
夏になったら・・・
立ち入り禁止です(笑


>蓮・華さん
リンクに気づいてくれましたか!!
それはよかった。
一応ハム太郎を知らない人のために文字を押せば飛べるようにして置いたんですよね。
この辺の気配り・・地味ですけどがんばってます
山の上からの景色は王の景色です




>龍 さん
そうなんです。
手すりもなんにもないのです。
いつでもダイブ可能なんです!
向こうにいると違和感ないのですけどね。
日本だとそうなっていると違和感しかないですよね


>リョム
そうだった。ノーパンだったね。
なんでノーパンだったのか覚えてないけど
パンツを全部はいてしまったのか・・・
あ、思い出した。宿で選択中やったよね
今回は気合いれて授業してみました



>milestaさん
ツタンカーメンは世界史でも実は習わないのです。
文化とマスクの紹介はあったかもしれませんが
新王国時代の歴史としてツタンカーメンはあらわれません。
それは歴史上抹殺されていることになっているからでしょう。
僕がこれを知っているのは、高校の地歴の先生を目指していたときに
教科書をベースに、いろんな本から知識を付け足したノートを作っていたからです。
なんでこれを教えないのってこと多いですよ。
日本史でいえば新撰組なんて習いませんからね。

確か城で、僕らは自由行動してたんです。
それで僕が先に下りてしまったんですね~


>nonoさん
アルファ。
アルファかぁ・・・・
おしい!!おしいですよ!
正確にはウルファです。><
エジプトは世界史の最初の方なのでみんな結構覚えているんですよね。
後半になるほどごっちゃごちゃです(笑



>組長 さん
だんだん人物小さくなってますか?
う~ん、そういわれれば、そんな気もするけど
意識してませんでした。
トルコはそれなりに地震はあるらしいです。
数年前もイスタンブールでありましたしね。
なんだかんだで2本だけ残ったという感じでしょうか


>ai さん
登るのはそんなに大変じゃないですけど
暑さが大変です。
そしてまずこの街まで来るのが大変です(笑
あぁトルコいきたい


>やま さん
やまさんのすごい!いただきまいした!
ありがとうございます。
この景色は清々しい景色でした。
暑さに耐えてがんばったかいがありました。
日陰にはいればすずしいのが湿度がないとこのすばらしさでした。

>あいさん
リョムは確か宿で服を洗ってもらっていたからノーパンだったんですよ。
ここまでろくに洗濯せずにきましたからね。
ヒッタイトが出てくる漫画があるとは
漫画って侮れませんね
ウルファの伝統的な景色をごらんあれ~



>ryuji_s1 さん
高台まで暑さで大変でした。
迷いましたし。
でも登ってよかったと思わせる景色でしたね。
  1. 2007/02/24(土) 17:43:25 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unam0109.blog51.fc2.com/tb.php/227-476091a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。