ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

広いの

広いの。

※広い


故宮博物館の感想を一言で言いましょう。





「広い」




前回にも述べたように故宮博物館をとにかく縦断するこのイベントは
ひたすら歩く!歩く!歩く!






門を抜けると広大な広場。

門を抜けると広大な広場。

門を抜けると広大な広場。

門を抜けると広大な広場。



最初はその広さに感動したものだったが
だんだん赤い壁、柿色の屋根、広い広場にもあきはじめ
足も疲れ始め
僕らはただ黙々と歩く集団と化していた。
ときおり「腹減った」の声が漏れるのみだった。

広いの。。。

※広くて困るの


でも一応思った部分を書かねばならないだろう。
そう、ここは「ウナムのまなざし」
ちょっくら目についたことをお話しておきましょう。



それは建物の大きさ、高さ。
これは日本にはない、大陸ならではの規模を感じさせるものだった。
しかし、このフィーリングどっかで感じたことがあると思った。
なにかな~と考えていたら、
そう、ローマで感じたものと似ていることに気づいた。
やはり「皇帝」が住む都になると、このレベルの建築物が建つということだろう。

ただ、ローマとちがってこちらはなんとなく「飽きる」。
文化が似ているせいなのか、
色が単調なせいなのか、
広すぎて魅力が散漫になっているせいなのか
よくわからなかってけれど、もういいかなって思えた。

日本ぐらい小さいけれど凝縮されてるもののほうがいいかもと思った。




しかし、道はとにかく続く。


広すぎなの。。。

※果てしないループ


壁のような門を何度抜けただろうか。
景色におなかいっぱいになっていた僕らだったが
ついに終点にたどり着いた。


そう、トンネル(門)を抜けたらそこは・・・




毛先生!

※毛先生



天安門広場だった!!



広い。
とにかく広い。
これまた広い。
100万人収容できるとガイドの人が言っていた。
よくテレビで中国の国会みたいなのがうつっているが
それもこの天安門広場を囲むようにたっている建築物の中らしかった。
そういうの聞くと、なんだか歴史に触れたような、「来たんだな~」というような不思議な感覚になる。
中国は核心部というか江沢民とかあんな人やこんな人はみんなここにいるのかぁ・・・
と感慨にふける。

北京のイチロー

※イチローを背負った先輩


帰国してから、中国の軍事パレードがやっている様子をテレビでみたけれど
天安門広場でやっていることが一目でわかった。
「ここ知ってる!ここ行った!行ったて!」
てな具合に、ひとり異様に興奮してしまう。
これも旅行の醍醐味のひとつですねw




次回:雑技を見る
  1. 2007/07/07(土) 00:12:13|
  2. ニーハオ北京2007
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
<<お知らせウナム | ホーム | 答え合わせです>>

コメント

こんばんわ~
ココ行ってみたいですね!! 歴史の教科書に載っているところを実際に見るっていうのは、とても大事なことだと思います。少しは勉強しますもんね~(笑)

中国行って言葉で苦労しませんでした? FSKはいつも苦戦します>< 日本語はもちろんですが、英語も通じないし・・・。最終的には漢字書くしかないんですよね(笑)
どぉ~やって乗り越えましたか?
  1. 2007/07/07(土) 00:33:06 |
  2. URL |
  3. FSK-JP #-
  4. [ 編集]

行った事ある所をテレビで見るって本当に興奮します。
得意げになって話していると、「で?」と言われ、僕の興奮ゲージはシュルシュルと下がっていくのです。
  1. 2007/07/07(土) 01:47:51 |
  2. URL |
  3. ナオシー #-
  4. [ 編集]

マオツァオトン!!
  1. 2007/07/07(土) 17:57:07 |
  2. URL |
  3. toitoy #-
  4. [ 編集]

ダイエットにはいいかもwwe-274

しかし、それだけ広いところ。。。地面が全部石とかなんだねぇ~~
 作るの大変そうだe-276
  1. 2007/07/08(日) 09:50:13 |
  2. URL |
  3. 蓮・華 #-
  4. [ 編集]

私が熱で伏せって自分のブログも過去記事でお茶を濁している間に、このような興味深い連載が・・・!
第一弾の一枚目で「これは台湾でしょ。いいなぁ。北半球にいる人は近くて。」と思い、二枚目で「いやいや待てよ。光化学スモックとくれば、もう一つの方か・・・。しかしウナムさんがなぜそちらに興味を?」
第二弾で理由が判明。「慰安旅行だったのか。」
そして今回。「そんなに広いのならチベットとか台湾とか欲しがるな~!」と怒ってしまいました。すみません。ウナムさんに罪はないのに。
  1. 2007/07/08(日) 16:41:48 |
  2. URL |
  3. milesta #S4B2tY/g
  4. [ 編集]

ご無沙汰している間に…♪

ご無沙汰している間に、何と…!!
宇菜夢・記事は“レッド・チャイナ”に…\(^o^)/
ちなみにウナムさんは、マンダリンが堪能なのでしょうか?!
それにしても、ウナムさんのフットワークの軽快さには、
本当に、驚かされてしまいます。
  1. 2007/07/08(日) 23:23:47 |
  2. URL |
  3. Grayman2006 #s2PTBPs6
  4. [ 編集]

>FSK-JPさん
こないだはどうもお疲れ様ですw
やっぱ、知っている場所にいくっていうのは
興味の深さが違いますよね。
そして行ったあとの親近感とか好きです
言葉はですね。
自信を持った日本語とジェスチャーで乗り切りました。
下手な英語より通じましたw



>ナオシー殿
そうなのです
「で。」
その一言がどれだけ悲しみを呼び起こすことか。
まぁ相手にはうるさいなぁ程度なんでしょうけど
こっちは興奮爆発なんですよね!

>toitoy さん
わ、わかりません!


>蓮・華 さん
石もすごいけれど、地面を全部アスファルトにするのもすごいことだと思ったりします。
ダイエットに中国行ってきてください。
下痢との相乗効果でスリムになれるかもしれません
  1. 2007/07/09(月) 12:56:18 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

>milesta さん
熱でふせってられたんですか。
それは大変でしたね。
お見舞いしなければならないとこでした。
一気に記事を見ていただけたようでありがとうございます。
そうなんです、中国は特に意図を持たずにいったのです。
でも、今のうちに行っておいたほうがいいかなっていうのも頭の中にありました。
中国は中華思想ですからね。
領土欲も強いですよね。
チベットもウイグル地区も・・・あれですしね。
続きをお楽しみにしてくださいませませ


>Grayman2006 さん
我ながらよく動いているなぁ~と思っています。
最近活動期の僕ですw
マンダリンは堪能ではないというか
ぜんぜんわかりません。
でも笑顔と日本語つきのジェスチャーで乗り切ってきました。
レッドチャイナの記事をお楽しみくださいませ
  1. 2007/07/09(月) 13:03:29 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム2 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

またもや、海外へ・・・
ちょっと、忙しくておじゃま出来なかった間に中国へ
行かれたのですね~
スケールの大きさが伝わってきました。
歴史はすごいけど、なんとかなりませんか、中国といいたい事が最近多過ぎて・・・・・
今のうちの行っておいて正解だったかもしれません。
日本に遊びに来ている中国人、最近目立って多いですが、やはり、まだまだ、ほんの一部の階層のお金持ちだけなのでしょうね。
でも、ウナムさんの写真、いいですねぇ。
写真だけ撮りに行ってみたい所です。
  1. 2007/07/09(月) 16:33:19 |
  2. URL |
  3. noa #AMZ1M8Og
  4. [ 編集]

>noaさん
政府の指示によって日本バッシングの記事を押さえたりすることが出来る国です。
そういう国なので、なっかなか難しいですよね。
軍事力もどんどんUPしてるですし
日本も戦争反対はいいですけど、
日本国内に対して反対を唱えるより
お隣の国に軍備増強反対戦争反対って言うほうが
先だし、効果的だと思ったりしちゃいます。
中国の貧富の差は激しいです
またその話は後ほどしましょう~笑
  1. 2007/07/09(月) 23:50:32 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム3 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

>※広くて困るの
北京には行った事がないのですが、ウナムさんのこの一言で故宮博物館のイメージがわきました(笑)
飽きるっていうのも分かります。
ラストエンペラーの映画のように、あれだけの人が皇帝に仕えてたからこそこの広さの意味があるのであって、誰も住まなくなったらただの空間ですよね。

シカゴ美術館にアンディ・ウォーホールのPOPな毛先生が飾ってあるのですが(顔が確かパープルとイエロー^^)それに見慣れると、このオリジナルが随分地味に見えます^^
  1. 2007/07/12(木) 16:19:39 |
  2. URL |
  3. janet #-
  4. [ 編集]

>janetさん
胡宮博物館に限らず、中国の観光地はどこも
よっぽど歩かないといけないとこばかりの印象でした。
足が鍛えられますよw
この広さを見るとラストエンペラーがここの中だけで生活できたのもうなずけます。
毛先生の絵は、思ったよりちっちゃい感じでした
シカゴにまで毛先生は出現されているんですねw
ぜひいつか見たいものです。
ポップな毛先生をw
  1. 2007/07/13(金) 11:34:18 |
  2. URL |
  3. お返事ウナム4 #A8BJpryA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unam0109.blog51.fc2.com/tb.php/312-32d07922
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。