FC2ブログ

ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

続いていくこと  ミラノのドゥオモで考えた

空に伸びる



ミラノのドゥオモの特徴といえばやはりその立ち並ぶ柱だろう。

尖塔は135本もあるそうだ。

そして一本一本の尖塔の先に必ずある像を含め、彫像はすべてで2245体あるのだそうだ。


完成には500年の歳月を要した。








500年の歳月。


それはとんでもなく長い時間。


江戸時代という世界にもまれなミラクルピース時代も300年に及ばない。

世代を超えて、時代を超えてひとつの建築物を作るというのは、どんな精神からなのだろうか。


1386年にジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティが着工したとあるが
500年という時を経て完成を見る建築物を計画、スタートさせる意志とはどんなものだろう。

そして、それを支え続けた想い。情熱。

どれもが想像を超えたものだ。




製作者は完成のできないものを作ろうとでも思ったのだろうか。
完成することがない、作り続ける状態こそ、完成という高みへ向かう姿勢こそ
願いだったのではないだろうか。


そんなことさえ考えてしまう。


僕だったら生きているうちに完成を見たいと思ってしまうだろう。
自分がみたい。
自分がよろこびたい。
自分が満たされたい。


なんてちっぽけなんだ。


大事なのは続いていく想いなのかもしれない。

祭りは準備が楽しい。
旅行は準備が楽しい。
目標へ達するまでが楽しい。
この気持ちがずっと続いたらっと思う時がある。


そんな気持ちや想いを維持させる仕組み。
そして人々に共有させる機構。


いつまでも完成を見ないほどに長期の計画のもとに建築されるドゥオモを通して
それを作りたかったのかもしれない。


はてしなく刻まれる彫刻、執拗までに立ち並ぶ尖塔を見て僕はそう考えた。

聳え立つ

※細部まで凝られたデザイン




次回:スイス編スタート
  1. 2006/07/08(土) 05:28:17|
  2. 2006年トルコ イタリア スイスの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17
<<スイスのはじまり | ホーム | ドゥオモの上で>>

コメント

500年・・・

うん、確かに自分が完成を見れないのに計画を立て始めるってすごい事だぁ。
時代関係なく沢山の人が同じ思いで作ったと思うと、何だか感動するというか・・・何かいいですね。

  1. 2006/07/08(土) 02:38:25 |
  2. URL |
  3. びすけ #-
  4. [ 編集]

グレートだよウナム君。
すごくいいよ。
やだなこんな言い方は。
もっとあるはずだよ。
一枚目は塔が天蓋を支えてるね。
二枚目はディズニーだね。
三枚目は僕だよウナム君!道化だ!!

参ったな。ぐるぐるするよ。
もう帰ろうっと!
  1. 2006/07/08(土) 03:32:18 |
  2. URL |
  3. おさとる #-
  4. [ 編集]

お返事

>ぴすけさん
想いの塊があれだと思うと、本当すごいですよね。
時の流れが形になったんだね。


>おさとるさん
わーい!
おさとる氏の最大のほめ表現がでた!
これで安心して、今日一日あけられるな。



>>>皆さまへ
じゃ、これから僕は友人を見舞うため
一日出かけるのでどしどしコメントくださいね!!
ではいってきます。
  1. 2006/07/08(土) 06:37:31 |
  2. URL |
  3. ウナム #-
  4. [ 編集]

数百年間という気の遠くなるような長い年月の中では、
建設自体が目的になってしまっただろうし、
その意味を問い直す場面も多分幾度もあっただろうと想像します。
19世紀末に着工(2026年に完成予想とも言われている)のバルセロナのサグラダ・ファミリアにしても
工事の存続には様々議論があったようですし、
この気の長さは「継続は力」なんて言葉は超越してますね。

  1. 2006/07/08(土) 09:29:07 |
  2. URL |
  3. K #6SlKZDlg
  4. [ 編集]

読み応え、見ごたえ じゅうぶんでした!
ウナムさんの「ドゥオモ」をめぐる思い・ひしひしと伝わります。
500年・・・想像以上の歳月を要していることに まず驚きです。
それでも 一彫り一彫りの積み重ねなんですね。

私たちが 今 ここに立っている場所、今やっていること
確かに 本当に ちっぽけなもの。
でも 一歩一歩の積み重ね、一日一日前に進んでいくことから すべては動いていく、
そんなことを あらめて感じました。

今日も一日 がんばるぞ!
  1. 2006/07/08(土) 10:02:57 |
  2. URL |
  3. スクェアcat #d3xRQPUk
  4. [ 編集]

この構図はこだわりですな!?
  1. 2006/07/08(土) 11:26:25 |
  2. URL |
  3. チー・トイトイ(旧ストレス顔) #-
  4. [ 編集]

こんにちは。
空へ伸びるような構図、500年の時を費やした
この建物への希望を写し撮ったという感じでしょうか。

それにしてもすばらしい彫刻・細工ですね。
その場にいたら、ずっと見つめてしまいそうです。
次回のスイス編も楽しみです!
  1. 2006/07/08(土) 12:28:23 |
  2. URL |
  3. photomo018 #74hMSxZc
  4. [ 編集]

ミラノ!

いつの間にかミラノになってる!!!

ミラノのドゥオモも見た目素敵だよね!

私ミラノのドゥオモ観光したとき超ミニスカートはいてたんだけど、ドゥオモの中に入るときに止められたよ!(笑)
「入っちゃダメ!」みたいに言われた!
露出しすぎだったらしい・・・。

姉が持っていたカーディガンを足に巻いて(←とっても変な見た目だった)中に無事入れましたけどねっ。(笑)
  1. 2006/07/08(土) 15:22:18 |
  2. URL |
  3. ちづ #-
  4. [ 編集]

人間には、生まれ持った使命があって、これを考えた人は意識していないにしろ、その使命を果たして息絶えた。。。
ウナムさんにもなにがしらの役割が与えられているわけだから...ちっぽけな人間だとは思いませぬよ。
って、写真とはあんまり関係ないコメントかも(汗)
こういうものを見ると、考えさせられるんですよね...
  1. 2006/07/08(土) 22:04:29 |
  2. URL |
  3. ねぼすけ #-
  4. [ 編集]

500年の時をつむいでできた建物。
設計した人も、石を積んだ人も
驚嘆に値します。

私は絶対出来ませんし、参加する気もないです。
人間嫌いですから(笑)
  1. 2006/07/08(土) 22:22:30 |
  2. URL |
  3. サムライ #-
  4. [ 編集]

こういう景色が
この地球上にあるとは
びっくりです。
いつもありがとうございます。
(^‡^)済
  1. 2006/07/08(土) 22:40:45 |
  2. URL |
  3. あすとろ #-
  4. [ 編集]

空の青に尖塔が映えて綺麗です。
500年。考えられません。
気の遠くなるような作業と受け継がれる意志。
職人様の心意気と歴史が写真から伝わってきます。ロマン他ならないですね。感動です!!
  1. 2006/07/08(土) 22:49:21 |
  2. URL |
  3. 沙耶花 #-
  4. [ 編集]

500年の間に 建設に携わった方々の気持ちなどが
この建物に込められているみたいで 引き込まれてしまいます。
あぁ・・・どこでもドアがあったら すぐに見に行きたいくらい、
気に入ってしまいましたw
  1. 2006/07/09(日) 00:49:45 |
  2. URL |
  3. 紫音 #-
  4. [ 編集]

コメントさんきゅv(∀`*)

ここに来ると、旅に来たみたいです((笑
ヨーロッパですよね??
ヨーロッパって、なんでこんなに古典的ながら近代的なんでしょうか。。。(ノ∀`*)
  1. 2006/07/09(日) 07:47:48 |
  2. URL |
  3. ちぇるしー #Epg95va2
  4. [ 編集]

お返事

遅れてすみません。
昨日は一日活動して、疲れて気づいたら朝でした。
じゃ、きばって返事しますよよよ!!!


>Kさん
そうですよね。
長い歴史の間には修正案が練られたり
もっと優れた建築家が出てきて文句を言ったり
新しい技術が出てきて、変更があったり
多分いろいろあったのでしょうね。
そんなこともありながら結局作り上げたというのはすごいことですね。

>スクェアcatさん
そうですね。
この一歩一歩が結局は未来に向かっているのですね。
自分も含めていろんな人の願いがあつまると
あぁなるんですね。
僕の記事が「今日も一日がんばるぞ」
って活力になれたことがうれしいですね。


>チー・トイトイさん
そうやね。こだわりやね。
第一にやっぱりとげとげ感を出したかった。
第二にドゥオモが後ろから受ける光を捉えたかった。
第三に変な魚みたいなのを写したかった。
第四に尖塔が中央に伸びる感じにしたかった

といったとこでしょうかね。


>photomo018さん
希望を写し取るってなんていい表現。
今度どっかで使ってみよう。
見ようと思えばずっとドゥオモみてられるかもしれません。
でも、実際いくと、全部がすごいので
逆に飽和状態になって、すごさがわからなんくなったりします。
実は写真に撮ったほうがじっくり見れたりして。。。


>ちづさん
超ミニスカ!!
うう~ん、見てみたい(笑
ドゥオモとかって最近とくに服装注意されますよ。
さらにテロ対策もあって、ちょっとしたことで入場できなかったりします。
カーデガンを足に巻くすがた。
これまた見たいですねぇ~
厚底+ミニスカってことか。。

>ねぼすけさん
人はみんな使命をもっているですか。。。
う~ん、僕の使命はいったい。
僕ももっと大きな視野で世を眺めないかんと思いました。



>サムライさん
人間嫌い
知床で人間のいないところでバイトした人ですからね(笑
あれだけのものを技術や重機のない当時につくるとしたら
どれだけの労力が必要だったんでしょうね。
頭が下がります。


>あすとろさん
地球にはびっくりがたくさんなんです。
びっくりしながら色々考えるのも
旅のよろこびです。
ポチありがとう。


>沙耶花さん
歴史ロマン。
ロマンって言葉を忘れてました。
ロマンですよね。
う~んロマン。
これだけのものを作るということは、
きっとみんなやらされたという気持ちではなく
誇りを持ってやっていたのではと思いますね。


>紫音さん
どこでもドア。
とってもほしいです。
開けたらあの場所だなんて、素敵すぎますね。
実際には飛行機で10時間くらいです。


>ちぇるしーさん
古典的で近代的。
一番それを感じたのがスペインのサグラダ・ファミリア。
教会で100年以上作り続けてるけど
とてもポップなんですよ。



ふぅ~、一気に返事しました。
みなさんのコメントで今日も一日がんばれる気がします。
がんばるぞ~~~!!
  1. 2006/07/09(日) 10:13:32 |
  2. URL |
  3. ウナム #-
  4. [ 編集]

人々が神に少しでも近づきたい、そう思う気持ちが尖塔を造らせたという話を聞いたことがありますが
まさに宗教の力はスーパーですね。科学万能主義の現代ではなしえない偉業ですね。
Macがデザイナーをだめにしている〔自分を含め)ように楽に軽い気持ちでARTを創ろうとしても無理だということをきっちり教えてくれますね。
  1. 2006/07/09(日) 17:10:24 |
  2. URL |
  3. kuma-boo #-
  4. [ 編集]

>kuma-booさん
おっと、お返事を忘れていました。それもずいぶん長く。
でも読んだ記憶があるのはなぜ。
マックがデザイナーをだめにしている思う方々もやっぱりいるんですね。
便利さ、手軽さっていうのはある種の感動をなくす気がします。
  1. 2008/03/11(火) 20:40:48 |
  2. URL |
  3. ウナム #A8BJpryA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unam0109.blog51.fc2.com/tb.php/74-46406ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード