FC2ブログ

ウナムのまなざし

せっかく撮った写真だから、公開してみよう。 

感情の景色

削られた景色

※雲と雪の間 @ベルニナ特急


長い歳月をかけて削られた山々。

長い歳月をかけて隆起した山々。


横を流れる景色のひとつひとつに積もるように重なる歳月を感じながら

ベルニナ特急は、高度を徐々にさげはじめた。





ベルニナ特急のほとんどの部分で天気は曇りだった。
しかし、景色が見えないというわけではなく、それなりに遠くまで見ることができた。

雨より曇り、曇りより晴れがいいというのは確かにそうだとは思うけれど、
少々曇ってしまい、雪と雲の境目が分からないような、
こんな天気も良いのではないかと感じていた。


感情の琴線に触れる景色というのは、結構身勝手なもので
美しければ琴線に触れるというものではないと思う。

その時の自分の気持ちが大きく作用してくる。
たとえば同じ音楽を聴いても、「あのときはすごく感動したのに、いま聴くとそうでもないなぁ~」というのと似ている。


景色は変わらない。
受け止める側が景色を変える。
そんな気がする。

日常生活していても、みんな同じ景色を見ているはずなのに
失敗した後だったりすると、笑顔をしている仲間が宇宙人のように感じる。
きっと仲間の目にうつる景色と自分の目にうつる景色は違うのだろう。
ガラスの破片を見て涙しそうになったりする。


世界を変えるのは自分だと思わずにはいられない。
写真っていうものは、景色を切り取るだけのものなのだけど
なぜか気持ちも載せることができると僕は感じている。
写真は自分のそのときの精神状態までも写しだし、残していくと思える。


スイスの山々は当たり前のように窓の外を流れていくのだけど
その山、その岩、ひとつひとつの後ろ側に歳月の重さを想像することで
自分の内面も少しずつ変化していく気がする。
それが景色を、写真を変化させていくのだろう。



ルガーノ

※もどってきた緑 ただいまイタリア


スイスもいよいよ終わりに近づいた。
気づけば白い山ははるか頭の上にある。

列車は弧を描きながら一気に高度を下げていく。
ベルニナ特急はルガーノという町で終わりになる。
そこはもうイタリアだ。



次回:国境の町ルガーノ





写真を撮りながら、自分も成長できたら素敵だなぁと思います。
なにか感じるとこがあったらポチっと押してくださると
ランキング的にも成長できそうです(笑
   ↓   ↓   ↓
人気blogランキングに投票!

  1. 2006/07/21(金) 12:47:14|
  2. 2006年トルコ イタリア スイスの旅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<偶然のいたずら  @ルガーノ | ホーム | ベルニナ特急  >>

コメント

写真は記憶ですね。
単なる記録画像ではないと僕も思います。
ハイテンションな時の写真はハイテンションな写りという不思議。
  1. 2006/07/21(金) 14:05:10 |
  2. URL |
  3. チー・トイトイ(旧ストレス顔) #-
  4. [ 編集]

受け止める側が景色を変える
本当にそうだなぁと思いました。
人間てそういう生き物。
その時の気持ちの状態が見える世界も
撮れる世界も変えてしまうのだから、
人間も写真も奥が深いですね。
最後の写真スケールの大きさがが
なんだか妙に好きです。
またもやアタシ、ロマンを感じました(笑)
  1. 2006/07/21(金) 19:11:08 |
  2. URL |
  3. 沙耶花 #-
  4. [ 編集]

景色もそうですが、
世の中自体が人それぞれですよね。
世の中とどう向き合おうとしているのか、
自分でもよく分からなくなることはしばしばです。
その分まわりの景色も色々に変化して見えていいのかもしれませんね。
  1. 2006/07/21(金) 20:36:14 |
  2. URL |
  3. K #6SlKZDlg
  4. [ 編集]

自分が変われば

泣くほど感動したランボーの詩も
いまでは、鼻くそほじりながら読めちゃいます。
成長したか、退化したかは知らないですけど、
自分も変わったなぁ、と思います。
  1. 2006/07/21(金) 22:51:50 |
  2. URL |
  3. サムライ #-
  4. [ 編集]

自然の力の産物
威力を感じますね。
(^o^)┘
  1. 2006/07/22(土) 09:53:57 |
  2. URL |
  3. あすとろ #-
  4. [ 編集]

こころの琴線を揺さぶられるのって決まったものではないですよね。美しいと思ったり、感動したときがそのときだからそれがたとえ一般的に美しいと言われているものでなくてもね。その一文に共感しましたよ。

ひさしぶりにシマちゃんとご対面できたのですが、俳句(?)を詠んでいましたよ(笑)『クリックや 一変しては 列車かな』。
そして『「ゆうり」が言ってた本番知りたいな。』今日は長文を話してくれました。ラッキー♪
  1. 2006/07/22(土) 12:00:53 |
  2. URL |
  3. ねぼすけ #-
  4. [ 編集]

ウナムさん、昨日はご訪問ありがとう^^

>世界を変えるのは自分だと思わずにはいられない。

この言葉に大きく共感。より心地よく楽しく、自分
を取り巻く大切な人々と一緒に、そう変わっていけ
たら、なんて思いました。

写真にはウナムさんの心の大きさ、暖かさが
出てる^^って思った♪ 応援していきます!


ウナムさんの今日が一層輝きますように(^^/
  1. 2006/07/22(土) 12:24:44 |
  2. URL |
  3. Oh!keiことK子 #TZe8zPm2
  4. [ 編集]

長い長い歳月をかけて出来た深い谷間、それはいろいろな自然と戦いながら出来たものでしょう。人間の心の襞もたくさんの経験を積んでいくと深いものになり、広く受け止められるようになっていくと思います。このアルプスも幾星霜も送ってきたから、来る人たちの心に感動を与え、抱かせてくれているのではないでしょうか?この旅で、すばらしいものを見つけられましたね。ご立派です。そのようなお考えのウナムさんだったら世界はいい方向に変わるでしょう。(^^)
  1. 2006/07/22(土) 21:26:58 |
  2. URL |
  3. sakura #-
  4. [ 編集]

お返事

>チー・トイトイさん
写真は記憶。
本当にそうですね。
またどっかいきましょうね!


>沙耶花さん
この数年、
受け止める側、つまり自分しだいで、本当にすべて変わってくると
痛いほど感じてきました。
そしてそう確信するに至りました。
ロマン感じてもらってうれしいです(笑


>Kさん
同じ景色でも、こころの持ちようによって
変わって見えるので、何度でも楽しめちゃいますね(笑
昔は無意味だったものが、今みると価値だらけに見えたりしますよね


>サムライさん
本当に、価値観もふくめて
どんどん変化していきますよね。
退化か進化かは本当わかりませんよね。


>あすとろさん
自然の力。
まさの威力ですね。
威力かぁ。
いい言葉ですね。


>ねぼすけさん
共感していただけましたか。それはよかった。
シマもなかなかいい俳句をいいますね。
いい?かはやっぱりわかりませんけど(笑
クリックってシマがいうと僕がクリックを気にしまくってるのがばれていやですね。


>Oh!keiことK子 さん
世界は自分が変える。
その感覚を常にもってないと
スタートを切れなかったり他人のせいにしてしまいます。
原点は常にそこに思っておきたいものです。
  1. 2006/07/22(土) 21:58:52 |
  2. URL |
  3. ウナム #-
  4. [ 編集]

お返事

>sakuraさん
いろいろなことを想像することを通して
まずは自分が変化できたらなぁと思います。
世界にはいろいろな考え方の人がいて
いつも驚かされますね。
自分にあった考え方が世界の人それぞれにきっとあるのだと思います。
  1. 2006/07/22(土) 22:05:26 |
  2. URL |
  3. ウナム #-
  4. [ 編集]

その時その時の 自分の気持ちの状態によって、
撮りたくなるモノ自体も 変わってくる気がします。
あと、未熟ながらも「人生経験」とか・・・
年をとればとるほど、「いい味出した写真」が撮れるといいなぁ。
ウナムさんの写真論を読ませてもらい、そう思いました!
  1. 2006/07/22(土) 22:19:15 |
  2. URL |
  3. スクェアcat #d3xRQPUk
  4. [ 編集]

感動できるのは美しい風景だから、…とは限らないんですよね。
同じものを見ても感じる心は人それぞれで。
ウンウンと同感しながら読みました。
  1. 2006/07/22(土) 22:33:54 |
  2. URL |
  3. Reina #-
  4. [ 編集]

こんばんは

うらやましい・・・。本当に良い旅をされている・・・。
そしてウナムさんの写真と言葉によって、僕も共に旅をしているようです。

再びイタリアに戻ってきたウナムさんはこれから何を見るんだろう?
この長い旅の終わりにウナムさんは何を感じるんだろうか。ドキドキ
  1. 2006/07/23(日) 01:09:51 |
  2. URL |
  3. コウノスケ #-
  4. [ 編集]

心の琴線に触れるかどうかって、ホントにその時の感情に左右されると思うな~。
誰と、どんな状況で、どんな気持ちで見たかによって同じ場所でも全然印象が違うもんね~。

  1. 2006/07/23(日) 01:26:55 |
  2. URL |
  3. ちづ #-
  4. [ 編集]

>Reinaさん
景色を感じるためには自分の中に受け皿が必要なんですよね。
それを育てるっていうのが人生を豊かにすると感じてます。
さて、どう育てるか。。。。


>コウノスケ さん
旅からもどってきてはや2ヶ月半。
1ヶ月の旅行をふりかえりながら
本当にいろいろなものを得たなぁと思いながら
つづっています。
最初は写真を見てもらおうとしてはじめたけど
今は結構文章も楽しんでますね。


>ちづさん
誰とどこで、どんな状況で見たかで本当に変わってきますね。
あの方に会いにいくときもそんな感じですよね(笑
ふぉう!
  1. 2006/07/23(日) 15:54:46 |
  2. URL |
  3. ウナム #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://unam0109.blog51.fc2.com/tb.php/87-76990f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ロムスカ・パロ・ウル・ウナム

Author:ロムスカ・パロ・ウル・ウナム
フニャさんによる似顔絵。


旅行気分をおすそ分け♪
愛機Zeiss Ikonと一緒にどこまでも~

リンクフリーでございます。
あなたの言葉が私の肥やし。

ヒムロック大好きウナムへの連絡は
unam23☆hotmail.com
(☆を@に変換)

ブログランキング

ウナムの蓄積

シリーズごとにまとまってます。過去の連載記事も是非読んでやってください。

www.flickr.com
This is a Flickr badge showing public photos and videos from unam0109. Make your own badge here.

最新の記事とコメントの形

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

写真のリンク

このブログをリンクに追加する

旅のリンク

その他のリンク

ブログ内検索

月別アーカイブ

RSSフィード